chrome firefox IE safari chain youtube-play pocket hatena facebook feedly github google-plus rss twitter search code envelope-o home pencil website works calendar drawer tag

ブログ移転のお知らせ

当ブログは新ブログ「DEV.NISMIT」に移転しました。それに伴い、ドメインも全てリニューアルしました。

お手数ですが、ブックマーク、Feedly等の変更をお願いします。当ブログは数ヶ月を目安にリダイレクト、削除します。

2014/12/18

[Service]YouTube,SoundCloudなどの音楽を一つにまとめてプレイリストを作成出来るサイトを試してみた。

音楽が好きで普段、音楽を聴きながら仕事をしています。YouTubeやSoundCloudでお気に入りを見つけた時はFacebookやTwitterでメモしています。そのお気に入りを一つのプレイリストとして登録出来、それらを再生出来るサービスを2つ試してみました。

YouTube,SoundCloud

普段よく、YouTubeやSoundCloudを巡回して音楽を探しています。いい音楽を見つけたらFacebookやTwitterにURLをメモしています。

特に気にしていなかったのですが、先日このような記事を見ました。”新しい音楽と出会えるWebサービス・アプリ7選「RIZM」「Songdrop」など“( http://liginc.co.jp/web/tool/app/131918 )

そこで紹介されていたのが、Songdrop。YouTubeやSoundCloud等のお気に入りをクリップしてプレイリストを作成できるサービスです。

まとめれるのはいい

ふとした時に、「あのYouTube/SoundCloudで聞いた曲が聞きたい」って思うのですが、

アーティスト名とかURLってパッと出てこないんですよね^^;

なので、まとめれるのはいい!と思ってサービスを使ってみました。

使ってみた

まずはSongdropにアクセス。

私は登録をFacebookで登録しました。プライバシー関連は非公開(自分のみ)に設定して許可しました。

songdrop-top

使い方はとても簡単で、検索で好きなアーティスト名を検索

songdrop-search

検索した後に気に入った曲を赤で囲んでいる部分を押して「Drop」する

songdrop-result

プレイリストがあれば、そこにDropするか、新規でプレイリストを作るかを求められます。

songdrop-drop

プレイリストは共有など出来るそうです。

下を間違ってトリミングしてしまったのですが、再生プレーヤーが下にくっついています。

再生/一時停止、次の曲、前の曲、シャッフル再生が出来ます:)

songdrop-mix

使ってみて

私は洋楽が好きで、洋楽ばかり検索していたのですが、

  • アーティスト名で検索を掛けても求めてた曲があまり出ない
  • YouTube動画がコンテンツの著作権上Songdrop内で再生が出来ない

1つ目に関しては検索ワードでほぼ対処出来るのですが、2つ目に関してはYouTube側からブロックされてしまうので、対処のしようがなく、残念ながら私のタイプには合いませんでした。。。

ただし、邦楽は結構聞けるものが多かったので、アクセスする国によって弾かれているのかなぁと思いました。

邦楽を良く聞く方にはオススメです!

Songdrop ( https://songdrop.com/ )

Whyd

Songdropが合わなかったので、他の似たサービスを探しました。

それが、「Whyd」というサービスです。

機能面としては一緒で、YouTube/SoundCloud/Vimeoに対応してます。

whyd-top

 

こちらもFacebookで登録しました。

Facebookだと、名前、メールアドレスがすでにセットされてました。

パスワードを入力して「Create an account」をクリック。

whyd-regist

次に、好きなカテゴリは何かと聞かれたので、好きなジャンルを選んで、「Next」をクリック。

whyd-regist2

ここからキャプチャ忘れてました。。。

あとは、同じジャンルが好きな人をフォロー(Subscribe)しよう!ってのが来たんですが、何もせず「Next」をクリック。

その次に、Chromeで見ていたからか、簡単にプレイリストに登録出来るアプリはいかがですか?と来ましたがこれもスルーして「Next」をクリック。

するとようやくプレイリスト登録等の画面へ!ここからキャプチャ撮ってますw

whyd-firstaccess

ここからは、Songdropと特に操作面で異なる部分はなく、「+Add to」をクリックしてプレイリストを作っていく感じです。

便利な機能として、「Stream」画面の右サイドバーに、

Add a track from anywhere」という項目に「Use It Now!」のリンクをクリックします。

whyd-fav-2nd

こちら緑の「Whyd + Track」がドラッグ可能なので、ブックマーク欄にいれておくと、YouTubeなどを見た際に、ブックマークのボタンをクリックすると、その動画と関連動画をブラウザに出力してくれます。そのまま「+Add Track」をするとプレイリストに追加が可能です。

私はこの機能が非常に便利で気に入っています。

もしくはChrome用のアプリも出ていますので、そちらも同じ機能だと思います。

Songdropと同じ曲を選択してみる

さて、Whydの登録が完了したので、Songdropで登録出来なかった曲を検索してみました。

結果は、登録可能でした!他にも色々試してみたのですが、Songdrop側で登録できなかったものはWhydでは、全部登録可能でした。

ですが、一部再生出来ずに再生がスキップされる事がありました。

YouTube側かWhyd側かどちらが原因なのかは掴めませんでした。

もちろん、プレイヤーはシャッフル機能があります。

洋楽多めの方にオススメです!

Whyd ( http://whyd.com/ )

まとめ

現状では、私の使い方に合っているのはWhydでした。

UIではSongdropの方が優れているのかなぁという印象です。好みやタイプによって色々なツールと使い分けるのがいいかと思います。

※ちなみに私の好きなジャンルは

HipHop/Black Music/Jazz/Rock/Punk/Emo/Electro,EDC/House/Pops辺りです。

こ、こいつ合う!とピーンと来たら、Twitterで色々お話出来たら嬉しいです:)

今後の励みになりますので、良かったらシェアをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加